猫背を防ぐ筋肉はなに筋?どう鍛える?具体的に解説します!


背筋まっすぐな猫

猫背を防ぐ!

 

・・・おそらく、この記事を訪れた方で、
これを達成したい方は、多いでしょう。

 

しかし・・・「猫背を防ぐ」というのは、
実現がなかなか、難しいものです。

 

たとえばデスクワークの最中とか、
たとえば、ただただ歩いている時とかでも・・・

 

人間の身体というのは、どうしても・・・

勝手に丸まってしまう

ものだからですね。

 

そして・・・猫背にならないためには、
「猫背を防ぐパワー」というものが、必要です。

 

どうしても丸まってしまうのなら、
それを防ぐための、パワーが必要!

まあ、理屈としてハズれては、いないと思います。

 

そして、パワーを出すために必要なのは、筋肉です。

人間が力を出すためには、どうしても筋肉が必要ですので、
それはまあ、そうですよね。

 

なので猫背を防ぐためには、筋肉を鍛えたり、
筋肉をちゃんと使えるようになったりすれば、いいわけですが・・・

 

しかし・・「猫背を防ぐための筋肉」というのは、限られています

 

猫背を防ぐ!という目的なのであれば、
いろいろな筋肉を、がむしゃらに鍛えたとしても、
うまくはいきません。

鎧のように全身に筋肉をつけて、身体を固定する!というアプローチは、
猫背を防ぐ・・という目的のためには、あまり良い方向性では無いのです。

 

猫背を防ぎたいのであれば、そのために必要な筋肉を知って、
その筋肉を狙って、筋トレしたり、使えるように開発したり・・と、
するほうがいいのです。

猫背を防ぐ筋肉は、これ!

猫背防ぐために、重要な筋肉を並べると・・・

「胸鎖乳突筋」
「斜角筋」
「肋間筋」
「腹斜筋」
「腹横筋」

基本的には、以上になります。

 

どこにある筋肉なのか?を、
ざっくり示しますと・・・

 

吸気筋の全体像

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

こんな感じです。
(茶色く表示された、筋肉すべてです)

 

分布をざっくりと言葉にしますと・・・

「首」「胸」「おなか」に、
身体の前から横にかけて、筒のようについている

という、感じですね。

 

こういった「姿勢が良くなる筋肉」たちが、ちゃんと働くことで、
どうしても丸まって、猫背になっていく身体を、
ちゃんと支えてくれるわけです。

いつも背中が丸いのを、トレーニングでなんとかしよう!とするのなら、
狙うべきは、こういった筋肉なのです。

 

ちなみに、猫背を防ぐ筋肉は「背筋」と思われがちですが・・・

実は、姿勢をキープするのに背筋は、あまり必要ありません

背筋の影響も、まったくのゼロではないのですが・・・
重要なのは、おなかとか胸とかの、むしろ前側の筋肉なんですね。

 

前側の筋肉をたくさん使うと、身体は丸まってしまうのでは?と、
思われるかもしれませんが・・・

前側にある、「縮める筋肉」をメインで使うと、確かにどんどん丸まるのですが、
前側にある「伸ばす筋肉」をメインで使えば、姿勢をちゃんと伸ばすことができるわけです。

猫背を防ぐ筋肉を鍛えるには、これ!

・・・と、猫背を防ぐためにはどこを鍛えればいい?は、
分かったわけですが・・・

実際に、これらの筋肉を鍛えるには、
どうすればいいのでしょうか?

 

もちろん、いろいろな方法があるのですが・・・

プランクする女性

例えばこんな感じの姿勢を、数分程度キープする、
「プランク」は、基本的ですが、有効だと思います。

 

ちゃんと姿勢を作った状態で、キープする!など、
いくつかのコツはありますが・・・

ちゃんと出来ていれば、首・胸・おなかにある姿勢維持筋を、
一緒くたに鍛えてあげることができます。

 

プランクのコツについては、「プランク 方法」などで検索エンジンやYoutubeを検索すれば、
たくさん出てくると思います。

 

もちろん、プランク以外にも「猫背を防ぐ筋肉」を鍛える方法は、山ほどあります。

例えば・・実は、猫背を防ぐ筋肉は「呼吸筋」でもありますので、
本当に深い深呼吸をする方法を追求したり・・でも、
鍛えることが、できたりします。

 

とはいえ、この記事やこのブログだけで語り切るのも難しいですので・・・

もし興味がありましたら、猫背を防ぐためのより詳しい情報の発信を、
以下のメール講座で行っていますので、案内をご覧いただければと思います。

準備中

運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ