胸鎖乳突筋が痛いのは、呼吸するときに動かせていないからかも


緑の草原

胸鎖乳突筋が痛い・・!

 

痛む場所をピンポイントで理解し、この記事にたどり着かれたあなたは、
おそらく解剖学の知識をお持ちの方なのだと思います。

 

胸鎖乳突筋が痛い原因はいろいろあり、
よく言われているのは、枕が合わない状態で寝ることによる寝違えや、
首の体操のときに動かし方をミスって、ぐきっとやってしまった・・といったことだと思います。

それぞれ、決して間違いではないのですが・・・

 

胸鎖乳突筋が痛い原因は、実は、
胸鎖乳突筋を使った呼吸ができていないこと、である可能性があります。

 

胸鎖乳突筋が使えていないと、胸鎖乳突筋が、肩こりのように固まってしまい、
それが肩こりのように、痛みを引き起こすことがあるのです。

 

胸鎖乳突筋の位置

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

胸鎖乳突筋は、上の画像のような感じで、
主に、胸骨柄から乳様突起にかけて走っている筋肉です。

そしてこの筋肉は、頸部を屈曲・回旋・側屈する・・
つまり、首をいろいろな方向に動かす作用があります。

 

そのため、首を変な方向に向けたまま過ごしたり、急激に首を動かしすぎたりしたときに、
強い負担がかかってダメージを受け、痛くなってしまう・・ということは、あります。

 

しかし実は、この胸鎖乳突筋は、
息を吸うための「吸気筋」でもあります。

 

吸気筋教科書

呼吸筋教科書 胸鎖乳突筋

書籍「身体運動の機能解剖」より引用

 

上は、ある教科書からの抜粋なのですが・・・

実は、胸鎖乳突筋は首を動かす以外に、「息を吸う」機能もある、ということが、
ちゃんと教科書にも書かれているんですね。

 

具体的には、「乳様突起」を軸にして、「胸骨柄」のあたりを持ち上げるように動かすことで、
胸郭を動かして、呼吸をうながしています。

 

胸鎖乳突筋により胸郭を持ち上げる

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

上の画像のような感じですね。

胸郭が持ち上げられると、その部分の肺がふくらみ空気が入りますので、
それで呼吸ができるのです。

 

ところで・・この胸鎖乳突筋をしっかりと使って呼吸をする、というのは、
意外とできている人の少ない、難しいことだったりします。

「呼吸が浅い」「呼吸が深い」というのは、よく言われることだとは思うのですが・・・

浅い呼吸しかできていない場合には、この胸鎖乳突筋はほとんど使えていないことが多いのです。

 

筋肉は、ぜんぜん使われていない場合、少しずつ固まってきてしまいます。

デスクワークで長時間からだを動かさないと、からだが凝り固まってきてしまいますよね。
あんな感じのイメージです。

胸鎖乳突筋は、呼吸のために使われるべき筋肉ですので、
これが使えていない場合、少しずつ固まってきてしまい・・最終的にはがちがちに固まってしまいます。

がちがちに固まってしまうと、いろいろな影響・・たとえば、筋膜に無駄な力がかかり続ける・・などによって、
痛みがでてきてしまうのです。。

 

ご自身で「呼吸が浅い」と思われたり、人から呼吸の浅さを指摘されることが多い・・・

もしくは、ご自身で首の前をさわると、がちがちに固まっている・・・

そういう場合は、深い呼吸ができていないことにより、胸鎖乳突筋が固まっている可能性が高いです。

 

それでは・・使われていない胸鎖乳突筋をしっかり使い、胸鎖乳突筋の痛みを解消するためには、
どうすればいいのでしょうか?

 

まずは、胸鎖乳突筋を使った、深い呼吸を身につけるのが第一です。

 

方法としては・・「鼻の奥で、できるだけゆっくり、できるだけ大きく息を吸う」練習をしましょう。

 

息を吸うときには、胸やおなかをしっかり動かすことが重要なのですが・・・

胸やおなかだけではなく、「首の前」もしっかり動かすように心がけましょう。
胸鎖乳突筋がしっかり動くようになるはずです。

胸鎖乳突筋がしっかりと収縮し、胸骨柄のあたりがしっかり持ち上げられる・・というところまでイメージできれば、
なお良いです。

深い呼吸の方法や、呼吸にかかわる知識については、この記事で詳しく解説していますので、
もしよろしければご覧ください。

 

今回は胸鎖乳突筋が痛い理由をテーマにお話ししてみました。


運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ