立っているだけで疲れるのは、背骨が「弱い状態」になっているからです


海の中で立つ女性

激しい運動をしたら、疲れます。

・・・これはまあ、当たり前ですよね。

 

ジムでトレーニングをした直後・・・

ちょっと無理をして、長い距離をランニングした直後・・・

あるいは引っ越しで、重い荷物をたくさん運んだ直後・・・

 

そんなとき、ある程度疲れてしまうのは、あたりまえでしょう。

 

しかし・・・

特に何もしていないのに、ただ「立っているだけ」で、やたらと疲れてしまう・・!

もしそうであれば、それは、最低限のエネルギーだけで立つ「正しい立ち方」ができていなくて、
常に無駄なエネルギーを使い続けているから・・かもしれません。

立っているだけで疲れるのは、背骨が崩れているから

人間の体には、「背骨」がありますよね。

いや、私、背骨無いんです・・という方は、
おそらく、いらっしゃらないでしょう。

 

そしてあなたの、その背骨・・そう、その背骨です。

 

「正しい状態」に、なっていますか?

 

 

・・・???

背骨に、正しいとか正しくないとか、あるの??

 

・・・と、もしかしたら、思われるかもしれません。

 

しかし、背骨には「正しい状態」というものが、あるんです。

 

そして背骨は、正しい状態のときがいちばん「強い」ことが、わかっています。

背骨が強ければ当然、体重をちゃんと支えられますよね。

 

そして背骨が正しくない状態・・つまり「弱い状態」になっている場合、
背骨はちゃんと、体重を支えることができなくなるのです。

 

背骨がちゃんと、体重を支えられないと・・どうなるか?

 

背骨以外の部分で、体重を支える羽目になります。

体重が消えてなくなることはなく、どこかで支えるしかありませんので、
まあ、当然ですよね。

 

背骨以外の部分って、具体的に、どこ?

「肩」とか、「腰」とか、あるいは「内臓」とかです。

 

もし、あなたが肩こりをお持ちだとしたら・・・

肩の、こっている場所・・そう、その部分です。

そこに、四六時中、無駄な重さがのしかかっている・・という可能性があります。

 

もし、腰痛をお持ちだとしたら、
その、痛んでいる場所ですね。

 

そして、呼吸が浅いとか、おなかの調子を崩しやすい・・とかいった、
肺や、腸といった「内臓のトラブル」さえも、
背骨が弱いことが原因・・という場合があるのです。

 

人間のからだの中で、「体重を支える」ことにおいて最強の構造は、
間違いなく、背骨です。

そしてその背骨が、ちゃんと強い状態になっていなくて、
背骨以外の、いろいろな場所に負担がかかりまくっている・・・

そして、ダメージがどんどん、蓄積していく・・・

 

これこそ、「立っているだけで」疲れる原因の、そのひとつだったりするのです。

「強い背骨」って、どんな状態?

じゃあ、「背骨が強い状態」って、いったいどんな状態なの??

 

これは、実は決まっていて、
「S字カーブ」ができた状態、です。

 

S字カーブって、なに?

 

背骨の全体像 文字消しバージョン

書籍「ネッター解剖学アトラス」より参照、見やすさを重視し一部改変

 

こんな感じの、カーブです。

Sっぽい形なので、「S字カーブ」ですね。笑

 

そして、こんな感じのS字カーブが、ちゃんとできているとき、

良姿勢の上半身

人間の身体はこんな感じの、「姿勢がいい状態」になるのです。

上の画像はまあ、猫背とかのヘンな姿勢では、ありませんよね。

 

こんな感じの、S字カーブがちゃんとできているとき、
人間の背骨はちゃんと、体重を支えることができる。ということがわかっています。

 

体重は人それぞれですが・・私はだいたい、70kgくらいあります。

そして背骨は正しい状態だと、その程度の重さは、ラクラク支えられるくらいのポテンシャルはあります。

しかし「崩れた状態」だと、ほとんど支えることができません。

 

70kgもの重さを、ちゃんと、背骨で支えられている状態と・・・

70kgもの重さが、首とか肩とか腰とか、内臓とか、無駄な場所にかかりまくっている状態・・・

どちらがより「疲れやすい」状態となるか・・言うまでもありませんよね。

 

 

というわけで、

立っているだけで疲れるのなら、「S字カーブ」のできた正しい立ち方を習得しましょう!

というのが、この記事の結論となります。

 

しかし・・正しいS字カーブを作り、それをちゃんと維持するというのは、
実は、「呼吸」とか、「意識」とか、いろいろなコツが必要になってくる、
意外に高度なテクニックだったりするのです。

 

単に、ちゃんとした背骨の形をつくろう!・・とだけ、してみたとしても、
残念ながらまず、うまくいかないと思います。。。

 

そのため以下に、正しいS字カーブを自然にキープし、「疲れにくい身体」を手に入れるための知識を、
ステップバイステップで学べる場を、運営しています。

もし興味がありましたら、以下の案内をご覧ください。

準備中

運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ