肩が上がる癖は、無理やり下げても直せません!「姿勢全体を整える」が鍵です!


肩が痛い女性

いつの間にか、無意識のうちに、肩が挙がってしまう・・!

というのは、多くの方が抱える悩みだと思います。

 

肩が挙がるのは悪い!・・というのは、常識だと思いますし、
実際に、その通りだと思います。

 

たとえばスポーツの最中、肩が上がってるぞ!と言われたり・・・

細かい作業をするとき、もうちょっと肩を落としてやろうか、と先輩に指導されたり・・というのは、
よくあることですよね。

私自身も昔、よく言われていた覚えがあります。。。

 

実際、肩が上がっているのは「緊張の証拠」だったりする場合がありますし、
肩が上がると・・・いろいろな理由で、手先が器用に動かせなくなったり、手で強い力が出せなくなったりします。

 

なので、肩を上げないように!!!・・という考え方は、間違ってはいないのですが・・・

 

しかし、だからといって・・・

肩を下げよう!!としても、無駄になることが、実は多いのです。

 

肩が上がっている!と言われたら、普通に考えると・・・

肩甲骨とか、肩まわりとかに力を入れて、
ぐいっと肩を動かして、肩を下げたくなると思いますが・・・

それではだめ、という意味ですね。

 

事実、肩に力を入れて、ぐいぐいと肩を下げたところで・・・

気がつけばすぐに、戻ってしまっていると思います。

 

肩は、力で無理やり下げるのは「自然なやり方」ではありませんので・・・

肩を下げる!という動きを、やめてしまった瞬間に、
また、もとの「肩が上がった」位置に戻ってしまうんですね。

無理やりに肩を下げようとしたところで、
通常、5分ともたないことでしょう。

 

・・・だったら、どうすればいいのか?

 

肩だけではなく、姿勢全体を整える

これに尽きます。

肩が挙がるか挙がらないかの比較

例えば上の画像の、左側は「姿勢が悪い」モデルで、
右側が「姿勢が良い」モデルです。

ぱっと見でも、おわかりいただけると思います。

 

そして、このふたつの「肩部分」だけを比較して見てみますと・・・

肩が挙がるかによるラインの違い

「肩のライン」を比較してみると、左側の「姿勢が悪い人」のほうが、
明らかに、肩の位置が上がっていますよね。

ぱっと見ですぐに、おわかりいただけるはずです。

 

そう、つまり「肩が上がってしまう」というのは、
肩だけが、単体で上がってしまっているわけではなくて・・・

「姿勢全体」が崩れてしまった、そのなれの果てとして、上がっているわけですね。

 

なので、肩だけを下げよう!!・・としても、うまくいかないのです。

 

肩を下げろ!肩を下げろ!と言われて、
必死に肩に力を入れて、下ろそうとしたり、
肩の力を抜こう!と、してみたりしても・・・

結局のところ、根本的な原因の「姿勢」が整っていないと、
まったくの無駄になってしまうわけですね。。

 

では、どうすればいいのか?

「姿勢」をちゃんと、整える方法を習得する

根本的な解決方法は、これしか無いと思います。

肩が下がったいい姿勢

ざっくりとした目安としては、上の画像のようなスッと背中が伸びた姿勢が、
自然に再現できれば、OKです。

こういう姿勢が、無意識のうちにとれるようになれば・・・

「肩が上がる癖」は、まず間違いなく、直っていくはずです。

 

肩が上がる癖の修正ができると、肩の力が自然に抜けるようになったり、
肩甲骨まわりが、スムーズに動かせるようになったり・・と、
実は、いいことだらけです。、

 

しかし・・・上のように、パッと画像を見せられただけでも、
正しく、再現できるなら良いですが・・・

おそらく正直、それはなかなか、難しいはずです。

 

頭の位置とか、腕の角度とか、重心の位置とか・・・

「ここはどうすればいいの?」と言いたくなるようなポイントは、
いろいろ、あるはずですよね。

 

そう、「姿勢を整える」というのは、できるようになれば効果は大きいのですが・・・

実は、いろいろなコツが必要な、意外に高度なことだったりするのです。

 

この記事だけでその方法を語り尽くすことは、とてもできませんので、
以下に、その方法について無料で学べるメール講座を運営し、
重要な情報はそこで、公開することにしています。

もし興味がありましたら、以下の案内をご覧ください。

準備中

運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ