繰り返す咳の原因は、咳のたびに「口から息を吸う」ことかもしれません


咳をする男性のイラスト

なぜか、何度も何度も何度も、咳を繰り返してしまう・・・

その原因は、咳をするたびに毎回「口から息を吸ってしまう」ことかもしれません。

 

風邪をひいたとき、インフルエンザになったとき・・咳は、すごく困る症状です。

もしくは、特に風邪もひいていないはずなのに、咳が出てしまうこともあるかもしれません。

 

そして・・・咳というのは、一度出始めると、止まらなくなることがあります。

 

いちど、咳き込んでしまうと、
ゴホ・・・ゴホ・・・ゴホ、ゴホ、ゴホゴホゴホ!・・と、
まるで咳が咳を引き起こしているように、どんどん、悪くなってしまうんですね。

 

私も以前はよく、「繰り返す咳」を起こしてしまっていました。

たまの休み、楽しいはずの飲み会の席で・・・

繰り返す咳のせいでまともに話せず、悔しい思いをした・・
ということも、ありました。

 

飲み会ならまだましなのですが、
重要な仕事のプレゼンで、咳がどんどん悪くなることもあり・・・

どうにかならないものか、と思ったことは一度や二度ではありません。。

 

本来咳というのは、細菌や異物をからだの外に吹き飛ばすものですので、
必要なもののはずなのですが・・・

それにしたって、こんなには必要ないだろうと思うくらいに、
どんどん、悪くなってしまうことがあります。。

 

 

実は・・・咳は、咳の原因になります

 

・・・どういうことだ??と、もしかしたら、思われたかもしれません。

咳は、異物を吹き飛ばすものなんだから、異物がのどに入ってしまうのが原因なのでは?
と、思われるのは自然なことだと思います。

そしてもちろん、異物も原因のひとつではあるのですが・・・

 

実は「咳」そのものが、咳を引き起こす原因になっていて・・・

ひとつめの咳が、さらに大きいふたつめの咳を引き起こし、
ふたつめの咳が、さらにひどいみっつめの咳を起こし、さらに・・・

と、「咳の相乗効果」とでも言うような、どんどんひどい咳が起きてしまうことがあるんですね。

 

しかしなぜ、咳が、さらなる咳の原因になってしまうのでしょうか?

 

それは、タイトルにもあります通り・・・

咳のたびに、「口から息を吸う」から、なんですね。

口呼吸する男の子のイラスト

ひとつ、質問なのですが・・・

あなたは、ゴホ!と咳をした直後に、
「鼻」と「口」のどちらから息を吸っていますか?

 

・・・考えたこともない、と、
もしかしたら、思われるかもしれません。

しかし、ここには正解があり、
「鼻」から息を吸うのが正しいのです。

 

口から息を吸うと、乾燥した空気を吸い込んでしまいます

そして乾燥した空気を吸い込むと、咳を起こしてしまう・・
というのは、感覚的にもわかりやすいと思います。

風邪のときなど、のどがカラカラに乾燥してしまい、
それが原因で咳がひどくなることは少なくありません。

 

そして・・・鼻には加湿機能がありますので、
鼻から息を吸えば、カラカラになって咳がひどくなるのを防げるのです。

そのため、口から息を吸うとさらなる咳の原因になり、
鼻から息を吸うと、それを防げるのです。

 

しかし、そうとうに意識していないと、
咳のあとは、「口から」息を吸ってしまうものです。

ゴホゴホ!と咳をしたあとに、ヒュー・・っと口から息を吸って、
またゴホゴホゴホ!となってしまう。。
という状態ですね。

 

咳は、見方を変えると、強烈な「呼気」です。

ものすごい勢いで息を吐き出す、ということですね。

 

そのため咳をした直後は、肺が、ほとんど空になってしまいます。

そして肺が空になったあとは、大量に吸わないといけないですので、
ついつい、たくさんの空気を吸いやすい「口」から吸ってしまうんですね。

 

しかし・・咳で、大量の空気を吐き出し、
直後に「口」から大量に吸い、
そして起こる乾燥ダメージで、さらなる咳を起こしてしまう。。

これこそが、「咳の相乗効果」が起きてしまう理由なんですね。

 

 

それでは・・・咳が咳を引き起こす、「咳の相乗効果」を断ち切るには、
どうすればいいのでしょうか?

 

方法は、シンプルです。

咳をした直後に、鼻から息を吸いましょう

・・・これだけです。

 

ゴホン!と、咳き込んでしまった直後・・・

ふつうなら、口からヒュー・・と息を吸ってしまうところを、
鼻からスー・・と、吸うようにするのです。

これを、咳が起きてしまうたびに繰り返していれば、
乾燥した空気をどんどん吸い込んでしまうことはなくなり・・・

「咳が咳を引き起こす」ような状態を、
脱することができるかもしれないのです。

 

しかし、シンプルな方法ではあるのですが・・・
意外と、難易度は高いです。

咳き込んだあとは、大量の空気を吐き出しているので、
もちろん、大量の空気を吸い込むべきなのですが・・・

鼻呼吸に慣れていないと、
「鼻で、大量の空気を吸い込む」こと自体がけっこう、難しいと思います。

そのため咳がでてしまう時だけでなく、日頃から鼻呼吸を習慣づけて、
咳がでてしまうときにもそれを活かす!・・というのが、理想です。

 

日頃から、鼻呼吸を習慣づけるためにやるべきことなのですが・・・

鼻の奥で、5秒間かけてゆっくり息を吸う

これを、できるだけたくさん繰り返しましょう。

 

深く、しっかりとした鼻呼吸をするためのコツというのは、
他にもいろいろとありますので、
ぜひ、ご自身でもいろいろと試行錯誤をしていただければ、と思います。

 

それ以外にも例えば、横隔膜をやわらかくするのが、咳を止める鍵になる・・
ということも、あるかもしれません。

 

咳は必要なものなので、咳が起きてしまうこと自体は仕方がないのですが・・・

ちゃんと、鼻呼吸ができるようになっていけば、
すくなくとも、咳が咳を呼ぶ「咳重責」のような状態は、防げるようになっていくと思います。

私自身、以前はそういう状態になることが多かったのですが・・・
鼻呼吸をかなり練習した現在では、咳が咳を呼ぶような状態になることは、ほとんど無くなりました。

 

他にも、深い鼻呼吸には、肋間筋をストレッチして胸の痛みを防ぐ効果があったりします。

 

もちろん、繰り返す咳の原因には、
口呼吸以外にも、いろいろなものがあり得ます。

たとえば「肺炎」「咳喘息」といった、
病院の内科で診断してもらったり、薬で治療してもらったり・・が有効な、
いわゆる「疾患」を起こしている可能性も、無いとは言えないでしょう。

そのためもし、咳だけでなく高熱がずっと続く・・という場合や、
呼吸が苦しくなってしまうほどの咳が、長期間続く・・といった場合には、
いちど病院を受診されることをおすすめします。

 

繰り返してしまう咳を防ぐためには、意外に、
鼻呼吸といった「からだの使い方」が有効だったりします。

うまく習得することができれば、キツい症状をやわらげる鍵になってくれるかもしれませんので、
ぜひ、いろいろと試行錯誤をしていただければ・・と思います。

準備中

運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ