新生活ストレスはなぜ起きる?やたら疲れる・・を防ぐ方法は?


きれいなオフィス

さあ・・4月から、新しい職場!

もしくは・・新学期が始まった!

 

でも・・新生活、なんかめっちゃストレスたまる・・!

 

こういう経験をした方は、多いと思います。

私自身、よく経験したものです・・笑

 

もちろん、ある程度、仕方がない部分もあります。

慣れない環境・・慣れた環境に比べてストレスが増えるのは、まあ、当然ですよね。

 

しかし・・新生活ですごく疲れるのには、新生活ならではの理由というものが、関係している場合があります。

なのでこの記事では、新生活でやたらとストレスがたまるのは、一体なぜ?

そんなところを解説していきます。

「目」や「耳」を、使いすぎかも

まず、結論からです。

新生活でやたらと疲れる、ストレスがたまる・・の原因は、

目や耳の使いすぎ

かもしれません。

 

目?耳?なんの関係があるの??

と思われるかもしれませんので、解説していきます。

 

まず・・人間は、目や耳が緊張しすぎると、疲れます

これは、スマホをずーっと見ていると疲れるとか・・

もしくは、うるさい声でガミガミ小言を言われると疲れるとか・・を思い出すと、わかりやすいかもしれません。

 

そして・・新生活では、目と耳を使いまくりになります。

 

たとえば、初めて配属された職場に、初めて入っていくとき・・・

自分の席はどこにある?偉い人たちの席はどのあたりにある?挨拶するべき人はどこ?などなど・・

見るべきものは山ほどありますので、目をフル稼働させますよね。

 

耳も同じです。

初めて上司になった人の指示を、聞き逃すわけにはいきませんので・・

必死に耳を働かせて聞きつつ、メモを取ったりしますよね。

 

配属からしばらくの期間・・つまり「新生活」の期間は、こういった緊張状態がどうしても続きますので、
どうしても目や耳の使いすぎ状態になってしまい、どんどん疲れていくんですね。。

 

職場のことばかり書きましたが、もちろん学生生活でも、もしくは単に新しい地域に引っ越しただけでも、似た感じになります。

もちろん新しいクラスに入ったときは、緊張しながらいっしょうけんめい、クラスメイトの顔や名前を覚えたりするでしょうし・・・

慣れない街に来たばっかりの頃は、迷わないように必死に道を覚えたりするものだと思います。

 

 

逆に「慣れ」がくれば、このあたりはある程度、解消されます。

慣れた職場なら、そんなに目を働かせなくても、どこに何があるか?何が起きているか?などわかりますし・・

出される指示とかもある程度わかってきますので、そこまで必死に聞かなくても把握できるようになってきます。

 

もちろん新生活ストレスの原因が、目や耳に「ない」場合もあるでしょう。

 

しかし、もし新生活が始まってからというもの、やたら疲れる・・・

そして「目」を動かす筋肉とか、「耳」まわりの筋肉とかがガチガチに固まっている・・

そんな場合は「目や耳の使いすぎ」を原因として、疑ってみるといいかもしれません。

目や耳からくるストレス・・改善のコツは?

新生活ストレスの原因が、「目や耳の緊張」だったとして・・・

すこしでも和らげる方法とか、ある?

 

まず考えることは、目や耳の筋肉をゆるめてあげることですね。

 

ここは、いろいろな方法がありますので、とてもすべての紹介はできませんが・・・

例えば温めたタオルで、目や耳に当てる方法は、シンプルですが有効です。

 

タオルは普通に、お湯でぬらして絞ったものでもいいですし・・・

方法さえ間違えなければ、電子レンジで加温したものでもいいでしょう。

もしくは「めぐりズム」など、そういった専用の商品が出ていたりもしますね。

 

そういったものをやさしく目や耳に当てると、そのあたりの、こわばっていた筋肉がときほぐされていく場合があります。

もし、それで疲れやストレスが改善するなら、その場所がストレスの原因となっていた可能性は高いでしょう。

 

 

もしくは・・耳を軽く引っ張る方法も、シンプルですが有効な場合があります。

耳を引っ張る女性

こんな感じで、軽く引っ張るわけですね。

 

引っ張るのは片耳ずつでも、両耳同時でも大丈夫です。

あくまで軽く、ゆっくり優しく、いろいろな方向に引っ張る感じです。

 

耳のまわりには「前耳介筋」「上耳介筋」「後耳介筋」などといった筋肉があって、耳を使いすぎるとこのあたりが固まってきますので・・

この「耳ストレッチ」で意外にあっさり耳がときほぐされて、それでストレスが改善する・・という場合はあります。

私自身、この耳ストレッチは疲れたときなんかに、よくやりますね。

 

 

日頃から「脱力」して過ごすのも、有効でしょう。

たとえば何かものを見るたび、人の話を聞くたびに過敏になって、グッ!と力が入っていたところを・・・

緊張しすぎず、頭に意識を上らせすぎずに、スーッと理解する・・みたいな感じです。

 

ここは、そう簡単にできることではないと思いますし、私自身、すごくよく出来ているわけでもないですが・・

そうしようとすることは、無駄にはならないと思います。

 

 

と、新生活ですぐに疲れる!ストレスがたまる!という場合には・・・

「目」や「耳」の緊張が原因かも?と疑ってみると、
意外なところから、解決の糸口が見つかるかもしれません。


運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ