「鼻呼吸」こそ、体の免疫力を高めるいちばんの鍵です


鼻呼吸する女性

免疫力を高めたい!!

 

風邪や、へんなウイルスにかかりたくない!!

 

・・というのは、あたりまえのことだと思いますし、
もちろん、私自身もそうです。

 

ウイルス感染症の王様といえば、インフルエンザウイルスですよね。

毎年毎年、多くの人が掛かりますし、
ワクチンや治療薬はありますけど、完全に防げるとか、瞬時に回復できるとか、そういうものではありません。

命に関わるほどの事態になることは少ないですが、無いとは言えませんし、
掛かるとすごくきついですので・・私もできれば、掛かりたくはないです。

 

それ以外にも・・この記事を書いている時点では、「新型コロナウイルス」が大流行してしまっています。

これは罹かってしまうと、インフルエンザより深刻なことになりやすいですので、
やっぱり、なんとしても防ぎたいものです。

 

免疫力を上げる方法!というと・・・

バランスの良い食事とか、疲労をためないとか、いろいろ言われていますし、
もちろんそれぞれが、有効だと思います。

有効だと、思うのですが・・・

 

私自身が、免疫力を高める方法として「これは絶対に必要だ!」と考えるのは・・・

鼻呼吸の徹底

です。

 

特に、鼻から息を「吸う」ほうですね。

 

鼻には、細菌とかウイルスとかを通さずに、空気だけを吸うことができる、
「フィルター機能」があることが、わかっています。

こういうことは、医学の教科書とかにちゃんと、書いてあったりします。

 

対して口には、基本的にフィルター機能は、ありません。

 

なので・・鼻から息を吸えば、フィルターを通すことができますので、
体の中・・のどとか肺とかに、ウイルスが入ってしまう量を、減らすことができます。

そうなれば、ウイルスなどに対する防御能力・・つまり自己免疫力を、高めることができます。

とても、シンプルな理屈だと思います。

 

入ってくるウイルスの量を減らすことができる・・といった意味では、
マスクなどと、同じですね。

「鼻呼吸こそ、天然のマスクだ」・・とも、言えると思います。

 

人間が呼吸をするとき、空気の通り道は基本的に、
「鼻」と「口」のふたつしか、ありません。

生活の中で・・このふたつのうちの、「鼻呼吸の割合」を徹底的に、高めていくわけです。

 

徹底的って、どのくらい?

ここはもちろん、決まった数字はありませんが・・・

 

個人的に考える、目安としては、

99%以上

だと、思います。

 

また、思い切った数字を出してきたな・・と、思われるかもしれませんが・・・

実際、「鼻呼吸の徹底」が身についてくると、
無意識でも、鼻呼吸ができている状態が続きます。

(無意識のことは分からないので、私は例えば自分自身を動画撮影したりして、どういう呼吸になっているか確認したりします)

 

そして無意識の呼吸が、鼻呼吸になっていれば、
口呼吸をする機会というのは、ほとんど、なくなってしまいます。

人前で長時間話すときとか、スポーツなどで激しく呼吸するときとか、
あとは、ものを食べるときくらいでしょうか。

 

人間は1日に2万回、呼吸をしています。

99%が鼻呼吸であれば、口呼吸は1%ですので、200回ですね。

そして鼻呼吸をちゃんと「徹底」できていれば、
口呼吸の回数を1日、200回以下に抑えることは、十分に可能だと思います。

 

もちろん、誰がインフルエンザを持っているかわからない、満員電車・・といった環境では、
ひと息も口から吸わない!くらいの勢いで、徹底します。

マスクとの併用も意味があるので、マスクもつけても、いいでしょう。

 

ここまでやっておくと、感染症のリスクは明らかに、下がると思います。

ここは私個人の体験談で、申し訳ないのですが・・・
私は「鼻呼吸の徹底」をやるようにしたところ、

まず明らかに、「咽頭炎」を起こす頻度が減りました。

そして実践を始めてからのここ数年、インフルエンザをはじめ、重い感染症に罹かったことはありません。

 

もちろん、これだけから言えることは少ないですが・・・

鼻呼吸はバリアになる!という理屈から考えても、
鼻呼吸の徹底が、感染症リスクを下げている可能性はじゅうぶんにあると思います。

 

人間の免疫については、わかっていることは多いですし、
医療系の学校とかでは、いろいろ習いはするのですが・・・

まだ、あまりよくわかっていない部分もかなり、多いです。

特に「免疫力を高める方法」というと、
これだ!という、強力な方法が語られることは、少なかったりします。

 

免疫力を上げる食べ物!飲み物!とか、果ては免疫力を高めるペンダント(!)とか、いろいろありますし、
それらの中に有効なものも、もちろん、あるかもしれないのですが・・・

 

個人的には、そういったものに頼るよりは、
「鼻呼吸の徹底」とか、自分自身の身体を日々うまく使う・・とか、

自分自身のカラダに対する工夫で、できるかぎり免疫能力を高めるのを基本にして、
それをさらに増幅するために、マスクとか、食べ物の工夫とかをしていくほうが、
うまくいくのではないか・・と、思います。

準備中

運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ