顔がこわばる、緊張する・・治す鍵は「首の姿勢」です


顔がこわばってる人のイラスト

顔が、なぜかガチガチに、こわばってしまう・・

どうしても顔が力む、顔から力を抜くことができない・・・

 

特に大事な面接の前とか、会談の前とかの、
緊張し、あがってしまった時には、なりやすいと思います。

 

そしてそういう大事な時ではなくとも、
普通にデスクワークをしていたり、座って本を読んだりしているだけなのに、
なぜか、顔がどんどんこわばっていく・・ということも、あると思います。

 

顔のこわばりがあまりにひどくなってしまうと、うまく表情を作れなくなりますので、
「しかめっ面」とか、「愛想がない」とか言われてしまうこともあります。

 

しかも顔の筋肉は、「頭や肩の筋膜」といった場所とつながっていますので・・

実は頭痛とか、肩こりとかの原因になっていることも、あります。

 

と、言われても・・・

顔がなぜか、意に反して、どんどん固まってしまう場合・・・

顔の力を抜け!と言われたとしても、
なかなか、うまくはいかないはずです。。。

 

実は、「顔がなぜか、こわばって、緊張していってしまう・・」というのには、
鍵になるような、ある理由があったりします。

 

以下、紹介していきます。

顔がこわばる原因は、もしかしたら「首の姿勢」かも!

結論から言いますと・・

なぜか顔が、こわばっていく、緊張していく・・というのには、
実は、「首の姿勢」が関わっているかもしれないです。

 

首の姿勢というと、ストレートネックとか、スマホ首とかいう言葉が有名でしょうか。

 

例えばパソコンの画面とか、スマホの画面とかを見下ろし続けたりすると・・・
首の姿勢は、崩れてしまいやすいです。

スマホ猫背の女性

こんな感じですね。

まあ、明らかに悪い状態だよな・・というのは、
ひと目で、おわかりいただけると思います。

 

こういう状態だと、首に無駄な負担がかかるのは、もちろんのですが・・・

実は首だけではなく、「顔」にも無駄な負担がかかるものなのです。

 

首の筋肉と、顔の筋肉は、つながっています。

 

顔の筋肉全体像

Windows用アプリケーション「ヒューマン・アナトミー・アトラス」より引用

 

顔の筋肉というと、こんな感じですよね。

筋肉としては「眼輪筋」とか「口輪筋」とか「後頭前頭筋」とか、いろいろあり、
ある程度の範囲をまとめて「表情筋」とか、呼ばれたりもします。

 

そして・・・これら顔の筋肉は、
「筋膜」を通して、首とつながっています

 

頭の筋膜

頭の筋膜

書籍「アナトミートレインズ」より引用

 

上の画像の、青いラインは、
筋肉をつつむ膜・・「筋膜」がどう走っているか?なのですが・・・

「首から顔」に、走っているラインがあることが、
おわかりいただけると思います。

 

なので・・・

首に負担がかかると、顔にも負担が掛かって、顔が固まってしまう

のです。

 

顔がこわばったとき、顔のマッサージとか、顔の体操とかで、
顔をほぐそうとすることは多いと思います。

もちろんそういったものも、ある程度は有効なのですが・・・

 

もし、首の姿勢が崩れていて、それで顔がこわばっている場合は、
マッサージとかは根本的な解決にはなりませんので、またすぐに、固まってしまうわけです。。。

 

たとえば上司に怒られた時とか、嫌いなお客さんとか・・・

人と話している時だけ、顔がこわばってしまうのは、
ストレスとかの精神的な影響が、大きいかもしれません。

 

しかし特に、何もしていないのに顔がこわばる・・という時は、
この、「首の姿勢」がかかわった顔の緊張・・という可能性が、上がります。

 

そしてもし、「首の姿勢を整えたら、顔の緊張がとれた!」・・という場合には、
まず間違いなく、首の姿勢からくる顔の緊張だった・・と、言えると思います。

 

首の姿勢を整える方法・・というのも、いろいろあり、
ここですべて語るのは難しいのですが・・

首の姿勢がいい人のイラスト

まずは「スマホ首になっているな」・・と思ったら、
上の画像のような、頭を後ろに引いた状態に修正する!と気をつけるだけでも、
ある程度の効果はあると思います。

 

もしくは、あごをちゃんと引くための筋肉の使い方を学んだり・・

首の筋肉のひとつ、「後頭下筋群」をゆるめる方法を使ったり・・というのは、有効かもしれません。

 

首の姿勢を整える方法について、この記事だけで詳しく語るのはなかなか難しいですので、
詳しい情報については、以下に紹介するメール講座にて発信しています。

もし興味がありましたら、以下の案内をご覧ください。

準備中

運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ