意識を下におろすのが鍵!制汗剤を使わずに手汗を止める方法

手汗がひどい・・・!   というのは、多くの方が抱える悩みのようです。   手掌多汗症、とか呼ばれることも多い症状ですよね。 以前、私も、止まらない手汗に悩んでいました。 &nbs→続きを読む

登山で疲れないためには、「足首」をやわらかくするのが有効です

登山中、どうしてもすぐに疲れてしまう・・・ 解決する鍵は、意外にも「足首」にあるかもしれません。   登山というのは、疲れるものです。 まあ、ハードな運動ですので、当然ですよね。 高い山とか→続きを読む

マスクをすると息苦しいのは、「呼吸のコツ」で解消できます

マスクをすると、苦しいものです。   まあ、鼻と口をさえぎりますので、当然です。。   しかし必要であれば、つけるしかないです。   外すわけにはいかない・・でも、つける→続きを読む

歩くとふらつく原因は、猫背などの「姿勢の崩れ」かも!

どうしても、ふらふらっと、ふらつきながら歩いてしまう・・・   というのはけっこう、多くの方が抱える悩みのようです。   自分自身では気づかず、 たとえば家族や友人などに、「ふらつ→続きを読む

身体の「軸」って一体なに?作るコツを徹底解説!

「軸を意識して!」   「からだに軸を作って!」   「軸が崩れてる!」   ・・・軸が大事だ!というのは、 いろいろな場所で、よく言われることだと思います。  →続きを読む

腰を入れるってどういうこと?「腰椎アーチ」ができている、ということです

「腰を入れろ!」   「腰が入ってない!!」   「腰が抜けてるぞ!!!」   ・・・学生時代に、スポーツなどに打ち込んだ方であれば、 かならず一度は、言われた言葉だと思→続きを読む

ランニングで膝の外側が痛いのは、「外側に崩れ続ける」のが原因かも【腸脛靭帯炎】

今日は晴れ!絶好のランニング日和!   雲ひとつない青空の下、意気揚々と公園に出かけ、 気持ちよく走っていて・・・   走っていたんだけど・・・すこしずつ、膝の外側が痛くなってきて→続きを読む

タイピング中の肩こり予防には「キーボードの位置」が命です

パソコンでの資料作成中、パソコンで課題をやっているとき、パソコンでブログを書いているとき・・・   ・・・・・・肩こりがひどい!!!!!!   「タイピング中に起きる肩こり」は、私→続きを読む

タイピング腱鞘炎を防ぐには「手首ポジション」と「指ポジション」が鍵です

キーボードを打つたびに痛む、腱鞘炎・・・   防ぎ、改善する鍵は「腱がなめらかに動く、手首や指のポジショニング」です。   キーボードは現代人にとって、 切り離すことができないツー→続きを読む

逆流性食道炎による呑酸は、「胸腔内圧を高める」ことで防げます

胃から食道に向かって、胃酸があがってきてしまう、逆流性食道炎・・・ 今より、すこしでも防ぐ鍵は、「胸腔内圧」にあるかもしれません。   胃酸は本来、胃の中・・つまり、おなかの中にしか無いので→続きを読む

逆流性食道炎による胸焼けは、「横隔膜を締める」ことができれば防げます

逆流性食道炎による胸焼けは、食道まで胃酸が上がってしまうことで、起こります。   そして・・・身体をうまく使えるようになり、「横隔膜を締める」ことができるようになれば、 物理的に、胃酸が食道→続きを読む

いかり肩は治すべきです。そしてそのための筋トレは、不要です

「いかり肩」になってるよ!直したほうがいいよ!   いやいや、ガッチリして見えるから、いかり肩のほうが良いよ!   ・・・どちらもけっこう、言われていることだと思います。 &nbs→続きを読む

信頼できる健康情報は、どの情報源から調べるのがいいの?【ヘルスリテラシーの高め方】

医療や健康に関する、「正しい」情報を手に入れる!   もちろん、ものすごく、重要なことです。 しかし・・・意外と、難しいことでもあります。   たとえば、この記事を書いている時点で→続きを読む

腰が曲がる原因は?「おなかの筋力低下」がひとつです!

年をとると、腰が曲がってしまうことが多いです。   もちろん、何歳になっても、腰が曲がらずにしゃんとした姿勢で過ごす人もいるのですが・・・   60歳台、70歳台、80歳台・・と、→続きを読む

階段を登るとすぐ疲れるのは、「後傾」した登り方が原因かも

階段を上るのは、ある程度、疲れるものです。 自分の体重を、高いところまで運ぶわけなので、当然ではあります。   しかし、たとえば2階までとか、3階までとか、ちょっと階段を登っただけなのに、な→続きを読む

ウエストを絞って腹囲マイナス!には「姿勢を伸ばす」が鍵です

ウエストを細く、引き締める!!   ・・というのは、全人類の、見果てぬ夢です。   ・・・・・・ちょっと、言い過ぎたかもしれませんが、、   しかし、細いウエストを手に入→続きを読む

肩で息をする原因は?「深い腹式呼吸」ができていないからかも

ちょっと動いただけなのに、 肩で、息をしてしまう・・・   その原因は、深い呼吸をするとき、 ほんとうに使うべき「おなか」が、使えていないからかもしれません。   呼吸をするときに→続きを読む

ずっと同じ姿勢だと疲れる?痛みがでる?ほんとうに「正しい姿勢」なら大丈夫なはずです

ずっと同じ姿勢だとダメ!!   ・・・というのは、いろいろなところで言われていると思います。   たとえばデスクワークなどで長時間、同じ姿勢でいるのは、 肩こりや腰痛の原因になると→続きを読む

腹筋と背筋をバランスよく鍛える!は、体幹や姿勢にとっては微妙かもしれません

腹筋と背筋。 このふたつを、バランスよく鍛えるのが重要だ!!   ・・・というのは、よく言われることだと思います。   特に、スポーツでパフォーマンスを出したり、レベルの高い動きを→続きを読む

緊張すると足に力が入らない・・なぜ?理由を徹底解説!

大勢の人前で、話すとき・・・ 大会の本番前、順番がもうすぐ来るとき・・・   緊張で足や、からだ全体がの力が抜けてしまって、 ガクガクになる・・という経験をしたことはありますか? ・・・一度→続きを読む

「姿勢セッティング」こそ、飛行機の長時間フライトを快適にする方法です

飛行機の長時間フライトは、きついです。   特に、ずっと座っていることで、身体ががちがちに固まってしまい・・・ ひどい肩こりとか、腰の痛みとか・・ そういった「身体のトラブル」が、きついと思→続きを読む

つい、ダラダラしてしまう・・ほんとうの意味で姿勢を整えると、がんばらなくても動けます

つい、ダラダラと過ごしてしまう・・・   一日中、布団の中やソファーの上で、ごろごろして、 何もしないままに一日が過ぎ去ってしまう。。。   ・・・ということは、ありませんか? &→続きを読む

年齢によって縮む身長・・「猫背の進行」が原因かも

今年も、いつも通り、健康診断を受けて・・・   結果を見ていると・・・ あれ?身長が・・・去年より2cmも縮んでる!?   「いつの間にか身長が縮んでいる」というのは、けっこう、よ→続きを読む

猫背は身長への影響大!伸ばすためのストレッチのコツ

身長を伸ばしたい!!   ・・・というのは、けっこう多くの方が持つ、ニーズのようです。   身長が高くないからといって、特になにか悪いとか、 そういうわけでもないとは思いますし、 →続きを読む

息をすると胸が痛いのなら、「肋間筋」を使った深い呼吸が必要かもしれません

息をするときだけ、胸が痛い・・・!   もしそうなら、肋骨の間の筋肉・・・「肋間筋」が、 肩こりのように縮んで、固まってしまっているのが、原因かもしれません。   「胸が痛い」とい→続きを読む

しゃっくりが止まらないのは、横隔膜の鍛え方が足りないからかも

しゃっくりは、「横隔膜のけいれん」が原因のことが、多いです。   そして、横隔膜は、うまく使うことで「鍛える」ことができます。   なので・・・しゃっくりが何度も起きる、止まらない→続きを読む

足を組む癖はなぜ?・・「骨盤」と「背骨の軸」の崩れが鍵です

足を組むのをやめなさい!!   ・・・子どもの頃、親や学校の先生に、言われたことはありませんか? 私は、それなりに、ありました・・笑   脚を組むというのは、冒頭の画像のような、 →続きを読む

緊張するとおなかが痛くなる理由は、「おなかが固くなる」からかもしれません

試合や大会、発表などの直前、がちがちに緊張してしまい・・・   イタタタ、おなかが、痛い・・!   とても、よくあることだと思いますし、 私も以前はよく、経験していました。 &nb→続きを読む

プレゼンや発表でアガる、すぐ緊張する・・意外な解決策は「猫背改善」「姿勢改善」かも

人前で発表をするときや、大事なプレゼンをするとき・・・ すぐアガってしまう、ということはありませんか?   一般的に「あがり症」と言われる状態ですね。   おそらく、人生で一度もア→続きを読む

車酔いや電車酔いは、「スマホによる猫背」が原因かもしれません

電車、クルマ、バスなどの乗り物に乗ると、 毎回、「乗り物酔い」を起こしてしまう。。。 以前、私はそんな感じでした。   乗り物酔いは、ポピュラーな問題ですので、 悩まされている方も、多いので→続きを読む
運営者:ドクターゆう

 

 
【年齢・性別】30歳台、男性

【資格】
◇医師(総合内科)
◇医学博士
◇適正姿勢指導士・ストレッチトレーナー(日本ストレッチトレーナー学院認定)

【リアル世界での活動】
◇現在は産業医として、企業への健康情報提供などを中心に活動をしている。
◇過去に、総合病院の内科医・研究員としての職務歴あり。

【簡単なプロフィール】
医師として医学を学んできたにも関わらず、自身の、長年続く頭痛を治すことはできず、悩む。

姿勢・ストレッチ、といった領域に興味を持ち、自分なりに実践を重ねることで、
頭痛のほぼ完全な解消が実現する。

現在は姿勢やストレッチを、頭痛に限らない「不調に悩まされない、幸せな生活の基本」と考え、日々、試行錯誤を繰り返している。

これまでに得た情報や、今後さらに学ぶことを発信していくため、このブログを始め、運営している。

最近の投稿
カテゴリー
サイト内検索

ページの先頭へ